桃千代(ももちよ)blog

パソコンやアプリ、DIYなどの役に立ちそうな情報を発信していきます。

メルカリ出品できない?出品制限されるかもって話し

メルカリに限らず、出品サイトによっては様々なルールがあります。
そのサイト独自のルールがありますからね。

 

制限される恐れとしては、出品しすぎると制限される恐れがあるということです。

 

具体的に説明すると、

 


私の知り合いに、メルカリで販売してる人がいるんですが、ある時メルカリの出品ページでいくら出品商品を探しても自分の商品が見つからなかったそうです笑

 

いくら探しても見つからないので運営に尋ねると、

 

1日の出品数によって制限をかける場合があります。

 

と答えが返ってきたそうです笑

 

そんなこと、あるんですね。

 

ただ、出品することに関してはできるようなので、注意深く見ておかないと気づかないですね。

 

 

主なメルカリでの禁止行為。


また、メルカリでの主な禁止行為はヘルプサイトなどを参照すると、いろいろありますが

 

  • 手元にない商品を販売する(無在庫販売の事ですな)
  • 外部にリンクを貼る行為
  • 同じ商品の複数出品


の行為には厳しいのかもしれませんね。

 

手元に無い商品を売る事は、もし販売者が実際に売るときに商品を用意できなかったら、購入者は不満を持ってメルカリのサービスから離れてしまいますからね笑

 

どこのサイトも、無在庫販売はおおっぴらには公認していませんが、販売業で成功している人は無在庫をしている人も多いと個人的には思います。 

 

外部にリンクを貼れないので、万が一リンクをつけてもそのページに飛ばないと思います。他の場所で取引されたく無いですからね。確か、アマゾンも同じですね。

 

意外と知られて無いのが、同じ商品を複数出品する事だと思います。

 

具体的には、もしドライヤー1つだけを売りたい場合、タイトルを変えて何回も出品する事です。

もし同時に売れたら、どうするのって事で運営さんもお断りなんでしょうね笑

 


そもそもメルカリは業者を排除して、個人間で取引することに特化したサイトです。

かっこよくいうと、C to Cというのかな。customer to customer,つまり個人のお客さんどうしの取引。

 

そのため、業者を排除するための仕組み作りを考えたと、メルカリを創設するにあたって
考えた創業の過程の記事を見たことがあります。

 

メルカリが出だした頃は、成功するか失敗するかといった予想する記事がたくさん出てましたね笑 運営さんは、本当に優秀だった事が証明されました。

 

最近までは、業者さんからパソコンで大量出品されないために、最初はスマホからしか出品できませんでした。

 

そもそも、販売されるまでは無料のサービスなので、出品者が規制されても運営に文句を言う権利もないのかもしれませんがね笑

 

不満があるなら、個人でサイトを立ち上げるなり別サイトで販売すればいい話しなので。

 

ちなみに、ハンドメイドサイトでの話しですが、
クリーマなどでは、出品数をたくさん上げましょうと、むしろ推奨されるので
出品数が多いことが良いかどうかは、サイトの考え方だと思います。

 

ただ、規約に書いてない事、1日の出品数がある数を超えると、出品できていない状態になるってのは、知らなかったです。商業目的でするのがダメって事なのかな。

 


あくまで、今回に関しては自分が体験したことではないので、参考程度に読んで頂ければ幸いです。

 

僕もたまに出品して、使わせてもらっているのでまた、メルカリに関する記事をかければと思います。

ではでは