桃千代(ももちよ)blog

パソコンやアプリ、DIYなどの役に立ちそうな情報を発信していきます。

個人でも、企業の設備を簡単に使える時代ですね

今と昔の時代の大きな違いの一つに、

 

今は個人でも業務用の設備を使うことができることでは、ないでしょうか。

 

このように、様々な設備があるが、

 

こちらの工房では時間貸しで設備を貸してくれるサービスがあります。

 

場所は、兵庫県神戸市にある、メイカーズという設備です。

 

月決めの一番安いプランで、24時間以内で、約1万4千円ですね。

f:id:muratachan:20170607041808j:plain

 

主にレーザーカッター、印刷機の機械が設置されているが、別館には

 

3Dプリンターも設置されており、また機械のスペックも大変高いのが特徴です。

 

 レンタル工房のメリット 

 

  • 業者さんに頼むより安い
  • 小ロットでも作ることができる
  • 技術をつけやすい環境

と思います。

 

例えば、このように携帯の黒ケースを印刷する時、あらかじめ白を塗ってから

 

デザインを印刷するのが一般的です。

 

その時の費用としては、だいたい50円から500円くらいです。

 

金額が幅広い理由としては、白レイヤーの濃度やデザインで使う色によって、変わるからです。

※黒いケースに印刷する時は、先に白を塗らないとうまく印刷できませんので。

f:id:muratachan:20170607041928j:plain

 

 

また、これらの印刷費用は、印刷してから別途インクの使用料として支払いますが、

 

数個作ろうが、何百個作ろうが、一個あたりの金額は、最初の設定金額で決まるので

数量では、変わらないことです。

 

なので、とにかく時間かけてもいいから、安く作ってみたいと思う方なら、良い方法かもしれませんね。

 

用途しては、アクリルやプラスチック、木材、Tシャツ、金属など一通りはできると思います。

f:id:muratachan:20170607042055j:plain

レンタル工房のデメリット

 

デメリット点をあえていうなら、印刷のための準備、例えば印刷物をうまく固定するための仕掛けや、データの入力、印刷の仕上げ方の種類、位置合わせなどを一人でしないといけないことですね。

 

ここに、スタッフさんは在住してはいますが、基本設備トラブルの時にのみ、

 

対応するのが原則なので、慣れないとなかなか思った通りにできないかもしれません。

 

まあ、良いようにいえば、色々覚えて勉強になるという、表裏一体の部分はありますが笑

 

また、他の人が作った見本なども展示されているので、アイデアも生まれやすい環境なのかもしれません。

 

時間があって、何か作ってみたいと興味があるなら、一度訪ねてみても良いかもしれません。

 

個人的な感想としては、何回か使って体験しないと、なかなか使い方を覚えることができません。

 

また、使用する時間の間隔があいてしまうと、使い方を忘れてしまったり、作業効率が落ちるので、

 

最初は練習と割り切って遊び心を持って使うのが、一番と思います笑

 

ちなみに、神戸以外にも大都市にはこういった設備が他にもいくつかあるようなので、

「レンタル 工房 場所」で検索すれば、情報がヒットするかと思います。

 

今回は、印刷の機械について簡単にご紹介しましたが、ここの会社の強みは、レーザーカッター機です。

なので、ノウハウは、色々とスタッフから教えてもらえます。

 

また、ご紹介できればと思います。

 

ではでは